事業概要

ノウタス株式会社は、農業と他業界とのオープンイノベーションを積極的に推進し、デジタルサービスを農家向けに最適化していく(農を足す)ことで、農家の課題を解決する(農を助ける)様々なサービスを提供しています。
具体的なサービスとしては、家族農家のお財布アプリ、農機具シェアリング、山菜サブスク、農薬管理アプリなど家族農家の生活に密着した各種デジタルサービスを提供いたします。さらに各サービスをモジュール化、バーティカルSaaS化し(Farming as a Service)、非農業サービスへ組み込んでいくことで(Embedded Farming)、異業種の農業分野進出のハードルを解消していきます。
ノウタスのFaaS(Farming as a Service)について

また、株式会社農情人との業務提携を通じて、NFT、DeFiなどを活用した新たな農業金融事業を計画しており、BNPLのリーディングカンパニーで東証プライム上場企業のネットプロテクションズとの協業による農業向けBNPLサービス開発も開始しています。

ノウタスは、デジタルではカバーしきれない農園へのラストワンマイルの取り組みとして、農業関連イベントの企画運営を行うアグリテイメント事業も展開しています。
ノウタスが企画し、長野県須坂市後援のもと実施した「ノウタスワーケーション」は、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで特集され、令和3年度の食料・農業・農村白書にも掲載。長野県やJR東とも共同で行った「オンライン果物狩り」は、日本テレビの「ひるおび」や、「ズームインサタデー」でも紹介されました。愛媛県西条市のSDGsプログラムへの参加、長野県のチャレンジナガノ事業への採択など、活動は全国に拡大しています。また、果物狩りを通じての農業体験、地方観光を促進するメディア「クダモノガリプラス」も運営しております。

これらデジタル、非デジタル両面からの活動を通じて農業への参入促進、高付加価値化や生産性向上につなげることにより、「持続可能な農業」を実現し、SDGsの達成に寄与します。